2010年06月07日

ミズバショウはこれから本番 シーズン到来の尾瀬(産経新聞)

 福島、群馬、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬を訪ねた。

 今年は尾瀬も春の訪れが遅く、ミズバショウの群落もわずか。しかし、ところどころで、真っ白なドレスをまとった端麗な姿を見せていた。

 この時期、かわいい花を咲かせるリュウキンカも、ハイカーの目を楽しませていた。

 帰りのバスで相席となった千葉からのツアーの添乗員、上田彦一さん(64)は「いつもより10日から2週間ぐらい遅れている。でも、ミズバショウはいままで見たことがないくらい白く、きれい。鳩待峠の近くで運が良ければ、オコジョにも出会える」と教えてくれた。

 今月中旬までの土日は、シーズンで最も多くの観光客が訪れると、関係者はみている。(土樋靖人、写真も)

【関連記事】
ハナショウブが彩る初夏の「神苑」 平安神宮
狭山市都市緑化植物園でバラが見ごろ
咲き誇る“日本一”鴻巣のポピー畑
ボタン3000株香る 塩原温泉の妙雲寺 栃木
六甲山に初夏の訪れ クリンソウが見ごろ
「はやぶさ」帰還へ

野口さん、地球に帰還へ=5カ月半滞在、ソユーズで―カザフスタン中央部(時事通信)
ビル解体現場で発砲 豊島区南池袋(産経新聞)
【こども】「手足口病」 近年で最多ペース(産経新聞)
小沢氏会見を再延期=民主(時事通信)
ドア開けて走行の疑い=JR函館線、報告は2日後―国交省(時事通信)
posted by ムカイ キチオ at 21:13| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

渋谷の夫殺害、被告の責任能力認める…控訴審(読売新聞)

 東京都渋谷区で2006年12月、会社員の夫(当時30歳)を殺害し、遺体を捨てたとして殺人や死体遺棄罪などに問われ、1審・東京地裁で懲役15年の判決を受けた無職三橋歌織被告(35)の控訴審第2回公判が18日、東京高裁であった。

 検察側は、同高裁が行った精神鑑定で三橋被告の責任能力を認める判断が出たことを明らかにし、控訴棄却を求めた。

 これに対し、弁護側は「犯行時は心神喪失状態だった」として改めて無罪を主張し、結審した。判決は6月22日。

 三橋被告の精神鑑定は1審段階でも2回行われ、いずれも心神喪失状態とされたが、1審判決は「犯行は被告の意思や判断に基づいていた」として完全責任能力を認定していた。

患者住所の郵便番号など新たに収集へ―今年度のDPC調査(医療介護CBニュース)
首相動静(5月16日)(時事通信)
自転車かご300万円ひったくり 大阪・吹田(産経新聞)
<食中毒>「くら寿司」京都外大前店、3日間の営業停止(毎日新聞)
外国人ハイエース盗、部品輸出の貿易会社社長ら逮捕へ(産経新聞)
posted by ムカイ キチオ at 18:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。